幼児教育科 2年制・昼間・女子50名
在校生の声
M・A
幼児教育科 2年 M・A
私の小さいころからの夢は保育士になることでした。私が通っていた高校の系列校に保育専門学校があり愛国学園に慣れ親しんだ私にとってとても通いやすい環境で夢をかなえることができると思いました。
 今は将来の夢に向かって効果的に学べるカリキュラムをこなしながら、大好きだった保育園の先生になりたいと日々子ども理解を深めています。



S・S<
幼児教育科 2年 S・S
私は、自分の子どもの成長を目の当たりにして、子どもの可愛さや人として成長していく様を間近に感じることができ、親としての喜びを知りました。そして子どもの通園していた保育園の先生に多方面からサポートしていただいたことに深謝し、私も子どもにとって身近な存在として役に立てる保育者になりたいと思うようになりました。
 資格を取得するためには、実務経験を積み国家試験を受験するか、専門学校に通学するかの選択枠がありました。子どもの健やかな成長発達を援助できる能力や技術の習得を目指し、私は迷わず専門学校に通い、きちんと勉強したいと思いました。
 それから、保育専門学校を色々調べ、愛国学園保育専門学校を選びました。理由は、保育者として必要なピアノの授業がマンツーマンの個人レッスンであること、少人数制であり理解できない内容も質問しやすい環境であることに魅力を感じたからです。
 予想していた通り授業内容も多種多様で現場で役立つ教材作りや演習等、子どもに対応できる様々な方法を楽しみながら学ぶことができる所でした。また、担任制であると同時に一人一人の学生の事情を全教職員が共通理解し、支援して下さることもとても心強く自分らしく頑張っていくことの支えになっています。



I・I
幼児教育科 1年 I・I
私は現在、大学と保育専門学校のダブルスクールで学びを続けています。実は、大学で子どもの心理学を学んでいくうちに、現場でのサポートの重要性に気が付き、実際に現場で子どもと直接関わる仕事がしたいという気持ちが強くなりました。そして、保育士資格と幼稚園教諭免許取得という夢の実現に向かって、この愛国学園に入学しました。
 将来は心理面に強い保育者として、子どもに対してはもちろん、保護者に対しても相手の立場に立って相談援助にあたり、両者から信頼してもらえるような保育者を目指し頑張っています。
 当初は、周りの友人と年齢も状況も違うことに不安を感じていましたが、同じ保育者を目指す仲間と出会い、本当に楽しい日々を過ごしながら諸先生方の親身なサポートを受け、充実した学生生活を送っています。



卒業生の声
_MG_1906.jpg-2.jpg
なでしこ保育園   保育士  T・N先生
1、保育士歴は何年ですか?
14年目になります。



2、保育士になりたいと思ったきっかけは何ですか?
以前から子どもが好きで、将来は子どもに携わる仕事に就きたいと思っていました。




3、保育士の仕事で幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?
子どもたちの成長を一番近くで感じられる事です。寝返りが出来る様になったり、ハイハイしていた子が歩ける様になったりと子どもたち一人一人の成長する瞬間に関われる事はとても幸せだと思います。



4、保育士の仕事で大変だと思うことは何ですか?
何より大変な事は、子どもたちの命を預かっているという事です。子どもたちが怪我をしない様、また常に体調の変化には気を配らなくてはいけないという事です。



5、学生時代に一番頑張ったことは何ですか?また、そのことは今どのように生かされていますか?
保育専門学校の入学時、全くピアノが弾けず、時にはくじけてしまう事もありましたが、先生方にピアノの楽しさをたくさん教えて頂けたので、頑張って取り組むことが出来ました。
また、高校時代には3年間バドミントン部に所属していました。日々の練習の中で挨拶、礼儀はもちろん仲間との団結や相手を思いやる気持ちを経験する事が出来ました。それは保育士になった今でも生かされており、元気な子どもたちにも負けない位の体力もあるので、それは学生時代に頑張った証だと思います。



6、保育士として心掛けていることは何ですか?
いつも笑顔でいること。また、必ず子どもの目線で話をする事を大切にしています。



7、保育士の魅力は何ですか?
昨日までできなかったことが今日この瞬間に出来るようになったという様な「瞬間」に数多く出会える事。また、卒園児が遊びに来てくれることもあり、立派に成長して大きくなった子どもたちを目の当たりにし、成長の喜びを共に感じることもできるなど、様々な魅力があります。
8、最後に、これから保育士を目指す方へ一言お願いします。
保育士は私の様に結婚をして子どもが3人いても続けられる一生の資格です。大変な面もたくさんあると思いますが、やりがいのある職業だと思います。
笑顔を忘れずにステキな保育士を目指して頑張ってください。





_MG_2139.jpg-2.jpg
なでしこ保育園   Y・T先生
1、保育士歴は何年ですか?
3年目になります。



2、保育士になりたいと思ったきっかけは何ですか?
私は幼稚園に通っていて、年少の時の担任の先生が優しくて大好きだった印象が強く、私のあの先生の様な素敵な先生になりたいと思うようになったのがきっかけです。



3、保育士の仕事で幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?
ズボンを脱ぐ・履く等、小さな事でも一人で出来る様になった時にはとてもうれしく感じます。また、自分の思いを相手に伝えることが出来る様になったときに幸せを感じます。



4、保育士の仕事で大変だと思うことは何ですか?
子どもが怪我をしないか、常に見守っていく事です。



5、学生時代に一番頑張ったことは何ですか?また、そのことは今どのように生かされていますか?
ピアノの授業です。保育専門学校で初めてピアノを始めたので、初めは出来なくて、やはり保育士はダメかもしれないと思った時もありましたが、専門学校の先生方が何度も丁寧に教えてくださり、初めて弾けるようになった時はとても嬉しかった事を今でも覚えています。今では、鍵盤を見ないで子どもたちの顔を見ながら弾くことが出来る様になり、弾ける曲が増えてきた事でピアノが好きになりました。



6、保育士として心掛けていることは何ですか?
どんな時でも子ども達と笑顔で接する事です。



7、保育士の魅力は何ですか?
子ども達と毎日楽しく遊べる事です。毎日一緒にいる事で子どもの小さな発見が見られます。大人になると気が付かない事でも子ども達の素直な言葉や発見に思わず笑ってしまう楽しい毎日を一緒に過ごせることが魅力です。
8、最後に、これから保育士を目指す方へ一言お願いします。
大変なこともたくさんあると思いますが、その分楽しいこともたくさんあると思いますので、色んな事を勉強して素敵な保育士さんになってください。       
▲ ページトップへ